2008年08月16日

仕事の棚卸し

2008081606360000.jpg
事務系の仕事にも、棚卸しが必要です。

棚卸しは、お店や工場だけにあるのではありません。

事務系の仕事にもあります。

なんの作業をしているか?

それにどれだけ時間をかけているか?

これらを計測するのが事務系の棚卸しです。

事務系というと、営業系とまったく違う考え方のように、思われていますが、基本は一緒です。

予算があり、実績があり、予実差異があります。

そして、予実差異分析をするのが、マネジメントの『仕事』です。

その差異を実務に反映させて、スタッフに理解させなければなりません。

それができるのが、マネジメントのスキルなのです。

『理解』と『覚える』は、違います。

覚えても、人間は忘れます。

意味がありません。

理解は、残ります。

基本的な考え方を理解していれば、応用できます。

つまり、『覚える』はその通りにしかできない。

『理解』は応用して対応できる。

ということです。

マネジメントとルーチンワークは、分離しなければなりません。

マネージャーは、作業をしてはいけません。

ルーチンワーカーは、判断をしてはいけません。

例えれば、マネージャーは線路や駅を作り、ルーチンワーカーはその線路を走る、という分け方です。

これが混在すると、作業効率が落ち、仕事がぐちゃぐちゃになります。

また、マネージャーは疲れてはいけません。

判断がにぶるからです。

ルーチンワーカーは、疲れていいです。

与えられた作業を、早く正確にゴールへ到達すれば、いいのです。

そして、はやく正確にゴールへ到達する仕組みをつくるのが、マネジメントです。

できていなければ、マネジメントのスキルがないか、仕事をしていない、ということです。
at 07:10 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネススキル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Oisix(おいしっくす)/Okasix(おかしっくす)
ベルーナ グルメショッピング
お小遣い稼ぎより大きな収入を目指して!完全無料のポイント サイト - POINT PAY
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。